nF4

フジワラナオミ everymoment everyday

06/12/2014

I’ve never imagined that I have to go to a dentist!:まさかの歯医者体験!

I felt like I was coming down with symptoms suddenly.To tell the truth,I suspected the symptoms, but I thought I could manage it or if I couldn’t, I hoped it would be better and gone automatically.So I put off making a decision,and finally I had nothing to settle the problem expect going to a dentist.

Yes,it’s about my teeth problem.I’d better say that one of my orthodontics wires has been cut and came out.It really hurts my tongue every time I eat.I tried to live with it for a while, but finally I couldn’t help having the wire cut.

I think you know how naive your mouth is.Just imagine what happens if a hair goes into your mouth.It really bothers you right?

So I’ve decided to go to a dentist,but at the same time,I started to be worried about the expense,because general insurance doesn’t cover dental cost,though it’s so expensive.I hear that going to a dentist in U.S is the worst thing that you should avoid.

So first of all, I went to the information desk at UCLA Extension to make sure of the cost on average, and some other things as follows:

1, UC Extension Health Insurance Plan which students are supposed to take doesn’t cover most of the expense of dental care (I had a slight wish, but it failed)

2, You can buy insurance for dental care,but it won’t take effect until the beginning of next month, even if you use it right now.(I can’t wait)

3,It costs you to receive dental care at least $100 which is just for checking your teeth.( Wow!)

4,It costs you to receive dental care more than $200 or more in case that it’s for orthodontics.( Double Wow!)

5 There is a popular dentist in back of UCLA Extension
(but you have to make a reservation by yourself)

By the way,I hear that the UCLA medical department is the 3rd best in the U.S ,so you have a lucky circumstance except when you have trouble with your teeth.

According to a school staff member,I can ask a dentist to estimate the expense first, then consider if I will take the treatment or not.

So at the front desk in the dentist,I explained my symptoms.I told that my insurance didn’t seemed to cover expense here, I know it was so expensive to see a dentist here,and I said ‘I’d like to see a estimate first then I want to consider.’

In addition to that, I thought I must tell them that I was not good at English,because I was not in a shopping center, but in the dentist.Who knows what would happen my body.I had to prevent for myself.

Anyway I really concentrated on telling my complaints and condition so that I didn’t have further problems.
Then the lady at counter said ‘It’s OK!’,and doctor checked my mouth.After he told me to stay still, I just selfied.

img_dentist_001

I don’t know why, but I just wanted to know how I looked like at that time.To be honest,my face was quite awful.I was so anxious about what would happen and I looked like I got angry.

▼The Examination room

img_dentist_002

After a while the lady came back to me,and gave me the estimate,which said


1.treatment of wire $225
2.cleaning $75

Needless to say,I didn’t accept ‘cleaning’ which should not be done right now.
As for the rest,the first impression of this estimate was that he was so clever, because I told them if the cost was under $200, I would receive it.$225 was not the price that I could afford.

The doctor fixed my wire completely.His job was excellent,and nothing bothered me any more.
He had done a great job!!!

I felt great and it’s like I was born again.However come to think of it,I paid $225 just to be normal. I mean I didn’t spend the money for nice clothes, not for nice food, not for anything.
OK,I should think it’s worth living in daily life as usual.

To tell the truth,the reason why my wire had come out was because I ate hard and raw vegetables like carrots and radishes.but I never regret it.I’d rather eat as much as I want for the rest of my stay here.

その異変は突然やってきました。といっても本当はうすうす気がついていたのですが、「なんとかなる(なんとかならなくても、なんとかなってほしい…)」という願望が強いばかりに、問題を先送りした結果「あ、やっぱりもうダメ」という限界値が突然やってきたのでした。

何のことか?というと、歯の裏側にしている矯正器具のワイヤーが外れ、あらぬべき場所から1本のワイヤーが元気よくビローンと伸び、話したり物を食べたりするときの違和感と痛みで、「何かしらしてワイヤーを切らないことには、もおどーにもならない」という状況に。。。

ご存知かと思いますが口の中はとても敏感です。髪の毛一本ごときでも、何かの間違いで口の中に迷い込んでしまうと非常に煩わしい。。。矯正経験がない方は、刺さると痛いワイヤーが食べるたびに口の中で暴れることを想像してみてください。「やっぱり治療しないと生活できない…」という心境になることは容易にお察しいただけるかと思います。

というわけで「歯医者にいくぞ!」というところまで決意は固まりました。しかし同時に、アメリカで「一番行ってはいけない」場所なのが「歯医者だ」(というくらい、高額で普通の保険ではカバーできない)ことを風の噂で耳にしていました。

なので治療後に高額の治療費を請求されることだけは避けたい。そででまずは学校のデスクに相談しました。

結論、
1)学校で入っている保険ではカバーできない。
(ちょっと期待したけどやっぱりダメだった)

2)歯医者用の保険を買うことは可能。が、今月加入すると来月初日から適用される。
(完全に待てない)

3)歯医者はミニマム1万円〜。それも簡単なチェックでそれくらいかかる。
(えーーー!!!!)

4)歯科矯正の場合はさらに高くなる可能性大。10万とかもありえる。
(えーーーーーー!!!!)

5)学校の裏に良い歯医者があるから紹介してあげる。でも予約は自分でしてね。
(セルフサービス了解。)

ということでした。

ちなみにですがUCLAのextensionの学生は強制的にUCLAの医療保険を購入することになっています。この保険が結構優秀で、ほぼすべての診察代、治療費、薬代をカバーできます。しかもUCLAは米国3位の優秀な大学病院らしく、その点かなり安心な医療システムになってます。
が、たった一つだけイケテないのが「歯科治療だけはカバーしない*」という点。全部そろってるのに、なぜそこだけ?という心境ですがしょうがない。 

デスクの人の話によると、初診で見積もりをだしてもらい、そこで治療を受けるか否かの判断を患者側でできるということなので、まずは歯医者に行って見積ってもらうことにしました。

こちらの歯科医院も日本と同様、受付におねえさんがいて、ドクターが待機というスタイルです。まずは受付のおねえさんに「歯科矯正のワイヤーがはずれて痛いんですけど、私の保険ではカバーできないうえに、ここでは歯医者さんはすんごい高いって話なので、まずは見積もりだしてもらって、払える金額であれば受けるけどそれ以上なら考えるたいんですけど、いいですか?」と相談。

一応身体に関わることなので英語がそれほど流暢ではないことを伝えてほうがいいだろうと思い「UCLAのextensionで英語を勉強してます」という歯とは完全に無関係な自己紹介をいれておきました。

おねえさんは「ぜんぜんいいわ」と即答でした。

その後ドクターに診察室まで案内されて状態をチェックしてもらい、「一旦見積もりをみせるからちょっとまってて」といられたときのセルフィーがこちらです。

img_dentist_001

「今の自分、いったいどんな顔しているのか記念に撮っておこう」というコンセプトですが、不安すぎてなぜか怒っているのが自分でもわかります。酷い。。。でもこういう写真は(あとから自分ネタになるので)嫌いじゃないです。

セルフィーしたついでに診察室の様子。

img_dentist_002

そうこうしているうちに受付のおねえさんが「Hi!」と元気よく診察室に入ってきました。ドキドキの見積書チェックです。

詳細は以下のとおり。

1) 切れたワイヤーの対応 $225
2) クリーニング $75

あーやっぱり…。最初に「$200以下ならうける」ということを伝えていたので、決して払えない金額ではないところをついてきたあたり「商売上手なお見積もり」という印象です。ただ今はとにかく1)の対応だけで構わないので、2)を外してもらうようにお願いして交渉成立。

「$225かぁ!」というキモチと「この煩わしさがクリアになるならしょうがないし、むしろ安いほうって思おう」と自分内格闘しているうちに再びドクターの登場。

ワイヤーカット、ワイヤーにつながっていた器具の除去、研磨、という感じで3分くらいで治療完了。「どう?」と聞かれて切れたワイヤー部分を舌でチェックすると、ワイヤーの残骸は一切なくなっていてスッキリ!さっきまで私の口内環境を牛耳っていた暴君は跡形もなく消え去りました。
「つわものどもが夢のあと」です。

ドクターにありったけの感謝のキモチを述べると「こちらこそ」と右目でウィンクされました。こういうコミュニケーションはたとえ英語が上手くなっても日本ではないよね、とか思いながら生まれ変わったような幸せな気分で午後の授業に向かったのでした。

しかしつくづく、人間の幸せって随分とまぁ相対的な事象から生まれるものだと実感してシミジミ。口の中で針金が刺さる不快感が取り除かれたことで「幸せ!」と感激したものの、よく考えてみれれば単に「平常」に戻っただけのことです。$225かけて美味しい肉を食べたとか、ラグジュアリーなホテルに泊まったとか、でない。まぁそれだけ通常とか日常にはものすごい価値があるってことで納得することにします。

ちなみにワイヤーが切れた原因は、かたい生野菜や、ゴツゴツしたシリアルを心ゆくままに食べていた結果です。スッキリした今は「これから気をつけないと」という反省よりは、「これでまた思う存分、野菜とシリアルを楽しめる!」というキモチです。

残りわずかの滞在なので、あえて反省しないでゴリゴリと食べ続けたいと思います。

Pocket

Back to
Top